2018年2月4日日曜日

お風呂の鏡 くもり止め 10回目の施工実施

レック(LEC)B-856 塗りやすいくもり止めリキッド も10回目の施工になりました。
おそらく あと10回位施工出来るんじゃないかなと思える量が残っています。

前回の9回目でハッキリ解りましたが
くもり止めの効果を長期に渡って持続させるポイントはやっぱり「ガラスのウロコ取り」すなわちくもり止めを施工する前のガラス磨きです。

同じレックのくもり止めを使って3ヶ月までは使えませんでしたが、2ヶ月と20日は使えましたから👌

今回もポリッシャーを使って磨きました。

このガラスのウロコ取り
ポリッシャーが無いと洒落にならないと思います。
RYOBI  RSE-1250 サンダポリシャで施工
前回気合いを入れて磨いたので
今回は比較的楽に出来ました。

元々はファンカーゴヘッドライトレンズ磨くのに
購入したのですが、良い仕事してくれます😆
RYOBI  RSE-1250 サンダポリシャ
RYOBI  RSE-1250 サンダポリシャ
お風呂の鏡のくもり止め施工は準備が手間です。
シャンプー台外したり、一番大変なのは
ガラスを磨いたあとの飛び散った研磨材の清掃⤵
結構時間がかかります😃

0 件のコメント:

コメントを投稿

※メールアドレスが公開されることはありません。
コメントの記入者:「匿名」投稿は承認されませんのでご注意ください。