2009年8月14日金曜日

PB SWISS TOOLS 6460 インサイダー ドライバー1

PB BAUMANN
INSIDER:Universal bit holder for bits 1/4"with integrated magazine for 8 PrecisionBits


PB swisstool 6460 ドライバー 携帯性抜群なドライバー!?
それが、このPBのインサイダー ドライバー

発売当初(2004年くらい?)から商品は持っていましたが、少し使い込んでから紹介してやろうと思いつつ…
今になってしまいました💦

このドライバーは画像を見ていただければ、お解りの通りドライバーのグリップ部分が空洞になっており、そこに差し替えビットが8本、グリップエンドホルダーに収納されていて『あら便利!』の商品である。

ドライバー使用時のビット固定方法はマグネット(想像以上にカッチリくっつきます。)

PBswisstool6403INSIDER品番 6460
品名 インサイダー
ビット内容:マイナス:2、3、4、トルクス:T10、T15、T20、プラス:#1、2
全長 121.2㎜  重量 90g

グリップサイズは同社のィリップス(プラスドライバー)#2相当のマルチクラフトタイプ
エンドキャップはネジ式になっていて、そのキャップがビットホルダーにもなっています。(ホルダーにはビットが8個収納可能)

このビットホルダーのおかげで、キチンと整列&収納出来るので使用時にガラガラ、ジャラジャラせずシャンクの短いドライバーとして使用出来るのです。
ビット収納部のクリアランスもキチキチでもユルユルでもなく、出し入れするのに結構イイ感じのクリアランスで出来ています。
但し、使用時は流石にグリップに収納されているビットのおかげ?貫通ドライバーより重く、軽快に使用できる訳ではありませんが、作業性より携帯性です。携帯性…
※  PB特有の「ン~コ臭い」匂いは、もれなく付いてきます。

PB6460インサイダー ドライバー 現在の、この商品はマイナーチェンジされビット本体がナノコートでコーティングされカラフルなビットに変更され、グリップ本体のロゴはあたりまえのように現行の物に変更されています。
本国のページではNEWカラー(ブラック、イエロー、ブルー)が販売されていますが、日本に入ってきているかは不明です。

このインサイダードライバー 発売当時、某工具店の記事にて「ロングビットとの相性も抜群!」を見て、そう思った私はプラス#2のロングビットを発注!
それと当時自分が所有していたバイクにはトルクスビスは使っていなかったので差し替えるつもりでビットを発注したつもりだったが、残念な事に発注ミスが発生
ロングビットの品番をC6 L-190/2で発注しないといけないところ、C6 L-192/2で発注してしまったのです。

PB C6 L-192/2 ポジドライブ ロングビット 品番を間違えれば、それはそれでちゃんと納品される訳でありまして、残念な事にC6 L-192/2はポジドライブなので完全に盆栽状態です。
購入してからこの画像を撮るのに、はじめて袋から出した感じです。
しかも素手で直接さわらないようにティッシュでつかみ撮影完了後、丁寧にかたしました。 (旧タイプのビットは表面処理がされていないので、手の脂で錆びる可能性大です)

このインサイダードライバーはロングビットの発注ミスもあって使用頻度は非常に低かったのですが、ついつい正規のロングビットを購入してしまう私ってダメ人間かな?

PB C6 L-190/2 ロングビット そして自分の“発注ミス”が、なけりゃ「ロングビットはコレだけだったのに」のC6 L-190/2の欲しかった物
割と最近購入したのでナノコートはもちろん識別のカラーラインも引かれています。
PBのナノコートと言われる表面処理は個人的には、かなりイケていると思っています。
まずやっぱりキレイなのと、防錆効果が非常に高いのがGoodです。

2009/08/17追記 エイビットのホームページでも新色アップされていました。