2017年11月28日火曜日

一緒に洗濯したら反応が悪くなった!

PASMOの記事を書いてから10年 程経過しました。
この10年ではじめPASMOは関東近辺しか使えませんでしたが今では日本各地電車やバスでの公共交通機関では欠かせないアイテムとなりました。

5年程前にどこで落としたかは解らないが1度紛失してしまいました。
定期券購入をしていたのでカードに名義を入れていた為、翌日再発行して頂きました。(スゲー助かった気分、カードの中に現金1万円以上はチャージしていました。)

そして今回、洗濯物と一緒に洗ってしまい
1日に2回も自動改札でエラーを起こす事件が発生しました。

駅改札(横の入り口の方)で「反応が悪いのですが…」
チェックしていただくも普通ものと変わりない様で困っていました。
もともと感度チェック用の機器は用意しておらず、そのカードが読めるか読めないかだけのチェックしか出来ないようです。
そこで「お渡しは翌日になりますが新品と交換出来ます。」の提案があり、即お願いしました。
新品にして頂いたPASMO
因みに一緒に洗濯した家のカードキーCAZASは復活しませんでした😭

Godox V860IIC リチウムイオン・スピードライト
ファームウェアの更新

Godox X1T-C のファームウェアの更新によりEOS 9000DにE-TTLII撮影が対応する様になった事で一安心😉

Godox V860ⅡC リチウムイオン・スピードライト ファームウェアのバージョンじゃぁ ついでに? V860IICもファームウェアの更新をしてしまえばイイじゃんと思ったのが事の始まり

今回はしっかり現在のファームウェアのバージョンを確認してから作業に取りかかりました。
購入状態はver1.4でした。

ver1.4は2016年12月8日に更新されたもの
現在の最新はver1.5 (2017年6月24日)なので5ヶ月前程に更新されたものですね。

Godox V860ⅡC リチウムイオン・スピードライト ファームウェアの更新 USBポートそれでは X1T-C トランスミッター同様 GodoxのG1ソフトを使用してインストール していきます。

Godoxのホームページ
http://www.godox.com/EN/Download.html より
Godox G1V860IIC ダウンロードし解凍します。(ソフトの圧縮拡張子が.rarなので解凍が出来ない場合はフリーソフト → 7-Zip )
    Godox V860ⅡC リチウムイオン・スピードライト ファームウェアの更新 microUSB_B
  1. PCにGodox G1をインストールします。
  2. V860ⅡC ボディーサイドのメクラ栓を外しUSBポートを確認します。
  3. V860ⅡC 本体の電源OFFを確認します。
  4. PCと繋いだmicro-USB BケーブルをV860ⅡCに繋ぎ Godox G1ソフトを立ち上げ「Godox_V860IIC_V1.5」を選択しインストールします。
ざっと 流れはこんな感じだったのですが…

ファームウェアのアップデート後はver1.5になるはずだったのですが、電源ONでLCDディスプレイ、本体共にウンともスンともいってくれませんでした。
アップデートで何かが起きたと思われます。

これで、私が購入したGodox製品 全て Go out になっちゃいます。
マーケットプレイス出品者に連絡したら「動画送って!」って言われちゃったし…
結構いい製品だと思っていたのですが中華製は壊れると手間ですね😣

2017年11月27日月曜日

2個目がやって来ました。Godox X1T-C
TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用

技適マーク logo
技適マーク
交換してもらうまで面倒臭かった💥
症状を確認する為に「動画を撮って送ってください。」との何ともハードルの高い連絡。
時間を見つつ動画が撮れたのは1週間後でした。

マーケットプレイス出品者が在庫を持っていれば
Xpro-C TTL 2.4G Wireless Flash Trigger Transmitter に変更して頂こうかと思いましたが、日本の技適をまだ取っておらず取扱が無いとの事。
無いものねだりしても仕方がないので同じ物を送っていただきました。

そして交換していただいた2個目のX1TCがやって来ました🎵
今度は大丈夫であろうか?
Godox X1T-C の白飛び!
やっぱり白飛び!アウトです。ホントE-TTL IIって何??

が、しかし、でも

「2個続けて不良ってあるのかなぁ~」って考えつつ…
カメラのストロボ設定をクリアしたり

あまり考えても仕方が無いので調べると
最後の望みであろう「ファームウェアの更新」かな?
なんてところに行き当たりました。


Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用更新前のファームウェアのバージョンは調べませんでしたが
Godox ホームページより専用ソフトをダウンロードし、最新のVer.23へ
EOS 77D/800D/6D Mark II への追加プログラム
(コレまた調べると77Dが9000D相当、800DがX9i相当らしい)

Godox 日本総代理店 株式会社ケンコープロフェショナルイメージング(KPI) からですとうれしい日本語翻訳でファームウェアのバージョンアップが出来ます。
X1T-C ファームウェア バージョン確認方法
ただ、残念なのはこのGodoxソフトのファームウェア更新完了サインが無いので更新が出来たのか出来ていないのかが解らないところ
最後にOKとか出てくれれば解りやすいんですけれど仕方が無いのかな?

ファームウェアの更新が出来ているか確認するには現在のバージョンを確認するしかありません。
X1T-Cのファームウェア バージョン確認方法はMODEボタンを押しながら電源ONです。
そうするとLCDモニタの右上に現在のバージョンが表示されます。


それだけ😞😞😞😑😑😐 いいえ肝心な事が出来ていなくて…
普通に撮影出来る様になりました。
 
ストロボがカメラより低い場所で発光しているのが解りますよね。

一旦は絶望的な感じでしたが舞い戻ってきた感じです。
日本製品と違って情報量の少ないアイテムなだけに こう言ったところは
ユーザーの方が気を付けないとダメなんですね。

と言う事で、Godox x1c/x1t-c
Canon EOS 9000D/X9i で使用する場合
ファームウェアのバージョン23以降の更新が必要!
解っちゃえばなんてことのない事なんです😀

2017年11月26日日曜日

最近 定期補充電していなかった なぁ~

最近の くるまの使用頻度はそれ程高くなく
週末に1回乗るか乗らないか…
MOVE CUSTOM LA100S後期 オドメーター
それでもやっとオドメーターは1万キロを越え
10524kmになりました。

昨日、図書館とお買い物で使ったところ
バッテリーの容量が少なくなってきた症状が出てきたので
夕食後(回転しない寿司屋 魚米 に食べに行った後)
Panasonic CaosProN-M42/ASバッテリー CTEK MUS4.3にて補充電
久々に補充電を実施
充電に一晩放置

この夏は ソーラー充電器 のおかげか?
補充電をする事無く過ごせたのも良かったです。
Panasonic CaosProN-M42/ASバッテリー CTEK MUS4.3にて補充電
さあ Panasonic CaosProN-M42/ASバッテリー
いつまで使えるかなぁ

2017年11月25日土曜日

ナビスコ リッツ 不味くなった?

製造元が変わって不味くなったと言われているナビスコ リッツ
ヤマザキナビスコが製造していた時はちょくちょく食べていたのですが…

モンデリーズ社製のリッツに挑戦してみました。

形はリッツだけど 慣れ親しんだ味とは全くの別物
上手いとか不味いとか言う以前のレベル
ナビスコ リッツ モンデリーズ社製
表面の焼具合も違うし…
食感も違う!コレは完全に別物のクラッカーですね。

でもお菓子売場から消えないのは
お店にとって利益貢献度の高い商品なのであろう?

間違えが無い限り自力では2度と選択しない買わない
大人しく ヤマザキビスケットのルヴァン 買います😓

2017年11月24日金曜日

FW1 水を使わず かんたん洗車&ワックス!

「洗車はコレ1本でOK!」的な

水を使わない洗車&ワックス剤 FW1

試してみました
FW1 水を使わず かんたん洗車&ワックス!
専用トリガーで簡単にスプレー

我が家の5年以上放置された玄関先のポスト
しかも条件は非常に不利な内側の角部分
コケ?はたまたカビ?の様な汚れです😀
FW1 水を使わず かんたん洗車&ワックス!

この汚れにFW1をスプレーし綺麗にしていきます。
※ 使用する前に「よく振って!」の注意書きあります
FW1 水を使わず かんたん洗車&ワックス!

あまりに酷い汚れと凹部分なので使い古しの歯ブラシ使いましたFW1 水を使わず かんたん洗車&ワックス!

やべぇ~っす  それなりに綺麗になっちゃいました。
FW1 水を使わず かんたん洗車&ワックス!

ポストの材質は樹脂とアルミアルマイト仕上げの混合
FW1 水を使わず かんたん洗車&ワックス!
今まで小汚くてどうしようか悩んでいただけに
FW1で簡単に綺麗になりました。
※ 専用のトリガー 使いやすく おすすめです😊

FW1は各地イベント(不定期)か通販で購入出来ます。
お試しあれ

2017年11月23日木曜日

wakaブランド 3アイテム目
スピードライト用ソフトボックス 四角と丸型

BESCHOI スピードライト 購入時に同時に入手していました。

スピードライトを使う時、あくまで柔らかい明かりで自然光ぽく綺麗に撮れればいいかと思いましてソフトボックスなるものを…

しかも また wakaブランド(笑)
超マイナーメーカーですが、たまたま欲しい品が安かったと言うのもあるのでしょう。でもこのメーカーに良く当るなぁ~

ストロボ ソフトボックス スピードライト用 直射式 ポータブル 8"/20cm オクタゴ ソフトボックス+8"x6"/20x15cm ソフトボックス セット、ディフューザー
ストロボ ソフトボックス スピードライト用 直射式 ポータブル 8"/20cm オクタゴ オクタゴン ソフトボックス+8"x6"/20x15cm ソフトボックス セット、ディフューザー Canon Nikon対応

まぁ値段が値段だったのであまり期待はしていなかったのですが…
ペラペラのパリパリビニールで届きました(笑)
おそらくビニール袋表面に貼ってあるシールを剥がしてしまえばwakaブランドっていう事は解らなくなってしまうんだろうなぁ~
ストロボ ソフトボックス スピードライト用 直射式 ポータブル 8"/20cm オクタゴ ソフトボックス+8"x6"/20x15cm ソフトボックス セット、ディフューザー収納袋(ふつう梱包のビニール袋なんて即捨てでしょう)

早速OPEN!
この商品の凄いところは収納袋が付いているところ
収納袋のクオリティーは100均レベルかもしれませんが専用のサイズのものが有るか無いかは全然違います。
そして以前、大きいサイズのものを購入しましたが、サービス品として プレミアムマイクロファイバークリーニングクロス の小さい方が入っています。

タイトルには四角と丸と書きましたが正しくは長方形と八角形ですね。
ストロボ ソフトボックス スピードライト用 直射式 ポータブル 8"/20cm オクタゴ ソフトボックス+8"x6"/20x15cm ソフトボックス セット、ディフューザー

実際にBESCHOIスピードライトに付けてみました。
ストロボ ソフトボックス スピードライト用 直射式 ポータブル 8"/20cm オクタゴ ソフトボックス+8"x6"/20x15cm ソフトボックス セット、ディフューザーストロボ ソフトボックス スピードライト用 直射式 ポータブル 8"/20cm オクタゴ ソフトボックス+8"x6"/20x15cm ソフトボックス セット、ディフューザー
なんだか でっかくて笑えます😆

これが1個3~4千円で売られているならある程度のクオリティーを
求めますが、セットで¥1,500しないんですから十分だと思われます。
(比較対象が無いので「思う」しか書けないのが事実だったりして😉)

2017年11月21日火曜日

今度はこっちも… Godox X1T-C
TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用

本当ならGodox TT685C のスピードライトと組み合わせて使うつもりだったのですが、TT685CV860ⅡC へ変更した為と、北九州出張が重なり更新が遅くなっちゃいました😅

Godox X1T-C (日本正規版はX1TCJ)
E-TTL IIオートフラッシュ対応 ワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用
購入はもちろん平行輸入品😀

Godox X1T-C TTL Wireless Remote Flash Trigger for Canon【正規品&電波法認証取得】Godox X1T-C TTL Wireless Remote Flash Trigger for Canon ワイヤレスカメラリモコントリガー キャノン対応 無線遠隔制御フラッシュトランスミッタ

日本正規版と平行ものの違いはおそらく取説に日本語バージョンが含まれているか、いないか?
技術基準適合証明いわゆる技適は Godoxで認証(211-150803) を取っている様なので日本向けの並行輸入品に技適シールが貼ってあるのはちょっと不思議。(日本に代理店があるのにメーカーは横流しをしている訳ですからね。でもそのおかげで安く買える恩恵を受けている訳ですけど…)
正規品JANコード:4961360033731 平行輸入品EANコード:6952344209677(中華人民共和国)

箱を開けると最初にクリーニングクロス??(80x80mm) 何の為か?
Godox X1T-C TTL Wireless Remote Flash Trigger for Canon-2Godox X1T-C TTL Wireless Remote Flash Trigger for Canon-3
中はX1T-C本体、取説(中国語&英語)、検査証、保証書、クロス、(乾燥剤)

いろいろな角度から撮ってみました
Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用-2
Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用-3Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用-4
Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用-5Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用-6

そして一番気になっていたのが本体の重量 98.3g(電池無し)
Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用 本体の重量 98.3g(電池無し)Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー キヤノン用 電池装備重量は149.8g
単3ニッケル水素充電池 2本で約50g増しちゃうんですね。

EOS 9000D に装着!(スマホのカメラ意外に綺麗に撮れる)
Canon EOS 9000D +Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガーCanon EOS 9000D +Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー-2Canon EOS 9000D +Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー-3Canon EOS 9000D +Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー-4Canon EOS 9000D +Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー-5Canon EOS 9000D +Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー-6
ちょっとデカいかなぁ~
このサイズの2/3くらいの大きさだったら理想なんですけど
(乾電池2本強のサイズ・コンパクトになるなら単4電池仕様が理想)

それで、それでですね、このX1T-CとV860ⅡCで撮ると
Canon EOS 9000D +Godox X1T-C TTLワイヤレスフラッシュトリガー
まさかのびっくりする程の白飛び!!
E-TTL IIで撮ろうとしている私にはその都度の調整はムリ!

一発でgo outです。
それでも原因を探ろうと設定を変えいろいろ試したのですけれど…
ぶっちゃけ買わなきゃ良かったと思いました。


北九州出張で久々に3日連続アルコールを体内に注入しました。
4日目にノンカルコール! 翌朝の調子の良い事、調子の良い事😖
つくづくアルコールは合わない飲み物だと思いました。
2017年11月12日日曜日

タイガー ACC-S060 コーヒーメーカー 2年後も現役です

前モデルはサーバーにヒビが入って買い換えたタイガー ACC-S060 コーヒーメーカーですが、2年後の今も普通に使えています。

やっぱりステンレスサーバーにして正解でした。
タイガー コーヒーメーカー 6杯用 ステンレス サーバー ホワイト ACC-S060-W Tiger

ただし、画像には出せませんが…😛
本体側は白ボディーが黄ばんで… 茶色? 汚れています。
本体は直接水道で洗えないのが残念です。
結構な勢いでコーヒーの粉が飛び散ります。
※ 次期モデルでは要改善点ですね。(頑張って欲しいものです!)

個人的にはステンレス製のサーバーはおすすめです。
タイガー ACC-S060 コーヒーメーカー取扱説明書.pdf

2017年11月11日土曜日

お風呂の鏡 くもり止め 9回目の施工実施
今回はウロコ取りにGC Zero(ガラスクリーナー)お試し

お風呂の鏡 くもり止め 9回目の
今回はガラス磨きのテストも兼ねて実施。

ガラス磨きのテスト品はガラスクリーナーゼロ
安全・高品質のガラスクリーナー【GC Zero】
安全・高品質のガラスクリーナーGC Zero
いわゆるガラス専用の研磨剤です。
パッケージの中身は研磨剤と研磨用スポンジ

折角ポリッシャーを持っているので使わない方が罪です。
スポンジに少量を付けスイッチオン!
ポリッシャーにガラスクリーナーゼロを移しますガラスクリーナーゼロを使いポリッシャーで鏡を磨きます。

時間にして10分
Glass Cleaner Zero をポリッシャーに4回塗り磨き上げました
ガラスクリーナーGC Zeroで磨きました。
今回でやっと長年蓄積されたウロコ状の痕は無くなりました。

いつもより少し時間を掛けて磨きましたが
レックの鏡のみがき剤より落ちますね。素敵で~す!
磨き剤のポイントは粒子の形状と大きさなんでしょうけれど
もちろんその辺の事は解りません😀

その後は おなじみのレック くもり止めを薄く塗って
(厚く塗っても乾燥に時間が掛かるだけで効果は変わりません)
レック LEC B-856 塗りやすいくもり止めリキッドLEC B-856 塗りやすいくもり止めリキッド 薄く伸す方が効果的
乾燥させれば完成です。


2017年11月7日火曜日

Godox V860IIC リチウムイオンカメラフラッシュ

先日購入したTT685C スピードライト。
私が購入した個体がイケていないのが解り代替に他のモデルを購入したのですが自分ではココまでの必用性は感じていなかったのが素直なところです。

完全にオーバークオリティーの製品でして
Godox 神牛 Ving V860IIC E-TTL II カメラフラッシュ キヤノン用
電源にリチウムイオンバッテリーを搭載する数少ないスピードライトのひとつ
個人的にはニッケル水素電池で必要かつ十分だったのですけれど…

V860IICを購入するにあたり一番抵抗に感じていたのが専用充電器が1個増えてしまう事!
Li-ionバッテリーは必ず専用の充電器が必要になるので邪魔になりそう。
専用Li-ionバッテリーは値段が高い!(頻繁に使わないから予備電池の追加購入予定は今のところありません。)

と、考えてもう一度TT685Cを注文して同じ様な個体が届いたらもっと面倒くさい…
そこで少しでも設計の新しいV860IIシリーズ(2016年4月発売)にした訳でもあります。(因みにTT685シリーズは2015年10月発売)

梱包は思った以上にしっかり化粧箱の上にプチプチされていました。

充電器も別に入っていますので箱が大きいこと

おまけ的に付いてくる ・フラッシュディフューザーソフトボックス
・フラッシュカラーフィルター ・クリーニングキット の3アイテム

箱を開くと取説(中国語・英語)が登場し
その下にケースに収納された本体とバッテリー
充電器が綺麗に収納されています。

専用充電器とバッテリー(コンセント直じゃ無くコード差込タイプ)

充電器のLEDは「これでもかっ!」って程ムダに明るいです。
この初期充電でとりあえず一晩放置しました。

付属の保護ケースはノンブランド

電池収納部は単3電池4本分より若干大きい

リチウムイオンバッテリーは軽いと思っていましたが結構な重量あります。
Godox Li-ion VB18 実測重量:118.1g
Panasonic ニッケル水素単3充電池 4本
実測重量:108.3g~108.5g(個体によるばらつき?)

リチウムイオンらしくバッテリーはボディー内で
ロック(白いパーツ)が掛かる仕組み

蓋は単なるカバーです。簡単にパチッと閉まります。
(単3電池の様なテンションは掛かりません。)

電池の挿入方向は基本的に間違える事は無い形状になっていて電圧11.1Vの容量2000mAh
2000mAhの容量が大きいのか?って

ニッケル水素電池の1.2V 2000mAhと4本直列にした時の単純比較すると
Li-ion 11.1Vx2000mAh=22.2Wh
ニッケル水素直列4本 4.8Vx2000mAh=9.6Wh
22.2Wh ÷ 9.6Wh=2.31倍(メーカーの言う3倍とはどう言う試算なんだろう?)

日本電波法認証は俗に言う技適マークはシールのみ。(2.4G無線ワイヤレスでの操作も可能。)
シールに型番や品番等は書かれていないので怪しいと思ったらキリがありません。
でもヒマなので調べてみました。
総務省 電波利用ホームページ 技術基準適合証明等を受けた機器の検索ページ 211-10912

このGodox  V860IIC リチウムイオンカメラフラッシュに
ストロボディフューザー が付属で付いていません。

Canon 430EX 430EXII 580EX 580EXII
Godox V850 V860C TT685C TT600S
フラッシュスピードライト用のものが共通で使える様です。

まだ、ちょこっとしか使っていませんが普通に良さそうな気がします。