2019年1月27日日曜日

使い易いコインドライバーを求めて

ダイソン モータヘッド ブラシ清掃蓋言うならば ある程度、用途を限定した
「使い易いコインドライバーはどれか?」と言う話

用途限定はDyson DC35コードレスクリーナー「モーターヘッドのブラシ脱着蓋部分」※寸法約2.2mm
ココの部品は偶に嫁も取り外して清掃するので優秀なコインドライバーが必要です 😆

PB SWISS TOOL PB135/7スタッビドライバー今までの中で最優秀なドライバーは、その独特のコイン形状ではなく普通のドライバー形状を保つPB SWISS TOOLSの先端部が最厚の2.0mmあるマイナスドライバーでした。

そう言った面でコインドライバーで一番厚みのあるモデルは何処だろうと思い、調べました。

私のweb検索1時間余りの結果が、
今回コレは行けるだろうと思って購入したアストロプロダクツAP021210とモノタロウ21827846のコインドライバー①アストロプロダクツ 先端厚さ:2mm
②モノタロウ 先端厚さ:1.85mm
の2種が先端厚が厚めで、その他の商品は酷いものでは表記すらしていないものもありました。
そのほとんどの表記は1.5mm(因みに500円玉硬貨は1.81mmらしい)

その厚みがあるであろう①と②のコインドライバーを入手
①は練馬の店頭へ、それのみの購入だったので往復1時間くらい ②は通販にて購入。

では実寸はどうでしょう過去に紹介したコインドライバーも交えて案内。
まずは一番のポイントである先端部分の厚さの測定です。

測定には ミツトヨ CD15-C デジタルノギス を用い各社同じポイントで計りました
 メーカー品番公表
厚さ
実測
厚さ
アストロプロダクツAP0212102.0mm1.89mm
モノタロウ218278461.85mm1.80mm
ストレート19-74531.5mm1.85mm
TOPTRD-1001.5mm1.46mm
PB SWISS TOOLS8125.9-451.5mm1.24mm
PB SWISS TOOLS135/72.0mm1.89mm
コインドライバー各種 左から①アストロプロダクツAP021210 ②モノタロウ21827846 ③ストレート19-7453 ④TOP TRD-100 ⑤PB 8125.9-45 ⑥PBの普通のドライバー135/7
左から①~⑥の番号順に並んでいます。

はじめは、ただ単に先端厚が厚ければ使い易いだろうと考えていました。
しかし残念な事に? ①アストロプロダクツ、②モノタロウ、③ストレートの3種はほぼ同型状で先端寸法も近似値で比較しても意味が無いのかと…
おそらくこの3種は台湾の同じ工場で生産されている品ではないかと想像します。

左 PB 135/5、右 nepros ND3MS-06 スタッビドライバー先端比較
PB と nepros  の先端比較
それとコインドライバーは各社 形状というか厚みが先端に行く程薄くなるテーパー状の作りがいけていない。※カムアウトしやすい

PB SWISS TOOLSの様に「途中から先端の厚みは、ほぼ同寸法で作ってくれたら使い易いだろうに」と思っているのは私だけだろうか?
とは言ってもドライバーだからね。
生産メーカー曰く「使い方をマスターせよ」になってしまうのかもしれない。

最終結論:比較しても対象物に対しての寸法は、ほど遠いので市販のものではダメ
今回購入したアストロプロダクツかモノタロウをベースに作った方が良さげである

これで「嫁も娘も使い易いコインドライバー選び」は一旦終了 いつか続く…