2018年12月26日水曜日

家のカードキー CAZAS(カザス)をプラリペアで補修

嫁用の玄関の鍵CAZAS(カードキー)がとうとう逝ってしまったので
プラリペア で修理しました。

修理方法は単純です
割れた部分をカッターとヤスリで慣らして
パーツクリーナーでよく脱脂します。
厚紙とマスキングテープでマスキングしたら

割れた部分にガラスクロス、プラリペアの粉(パウダー)を
振りかけプラリペア液(接着剤)を垂らして
ピンセットで表面を慣らすの繰り返し
プラリペアを微妙に盛りたかったので厚紙で間隔の調整をしながらの作業
初期硬化も早いので液を垂らしてから1分くらいで
成型しないとそのままの形状で固まっちゃいます。
1回30分もあれば表面はほぼ硬化します。

クリアのプラリペアのはずですが、少し茶色っぽい
粉は十ウン年選手です😁
仕上げは程々にしました。やり過ぎて割れちゃってもね。
まぁこれでしばらくは使えるでしょう。

新品のキーを買った方が安かったかも
でもプラリペアって便利だなぁ~

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認制です。
記入者が「匿名」投稿の場合承認されませんのでご注意ください。
※メールアドレスが公開されることはありません。