2018年9月17日月曜日

iRobot Roomba 577 のバッテリー交換
ニッケル水素からリチウムイオンへ変更

iRobot Roomba 577 バッテリー交換前回も互換バッテリーで交換して6年が経ち、リセット充電をしても稼働時間は20分を切る様になり、一区画も掃除が出来ない様になってしまいました。

ここ5、6回の自動掃除は途中で行き倒れになり「ルンバを充電してください」のアナウンスが100%流れる様になり、「流石にコレじゃねぇ~」って感じが強くなってきましたので一丁奮発するかって事で新しいものを発注する事にしました。

FLOUREON ルンバ バッテリー 大容量 5300mAh 14.8V irobot roomba 500 600 700 800 980シリーズ対応 リチウムイオン 互換品【12ヶ月保証付き】発注するのは無論互換バッテリーです。※純正の優位性はあまり考えられません
去年12月の記事でクリーニングヘッドモジュールの分解清掃 をしてから9ヶ月頑張ってもらったので、もう良いかなって感じも有りましたし…

互換バッテリーはニッケル水素バッテリーで出来たものが多く容量も3500mAh~3800mAhが最も多く販売されていますが、Li-ionバッテリーが気になって気になって😆

FLOUREON ルンバ バッテリー 大容量 5300mAh 14.8V irobot roomba 500 600 700 800 980シリーズ対応 リチウムイオン 互換品【12ヶ月保証付き】FLOUREON ルンバ バッテリー 大容量 5300mAh 14.8V irobot roomba 500 600 700 800 980シリーズ対応 リチウムイオン 互換品【12ヶ月保証付き】

もちろん全く知らないメーカーでしたが一応ホームページ有るようです。http://www.floureon.com

ですが、ニッケル水素(Ni-MH)のページは見つかりましたが、リチウムイオン(Li-ion)のページは見つける事が出来ませんでした😀

ではバッテリー交換の開始です。

エッジクリーニングブラシを外し
ボトムケースのネジ4本を外せばバッテリーのお目見え
iRobot Roomba 577 バッテリー交換

バッテリーケースに本日の日付を書いておきます。
ルンバ バッテリー FLOUREON リチウムイオン ニッケル水素ルンバ バッテリー FLOUREON リチウムイオン ニッケル水素
サイズは一緒のはずなので見た目は色違いだけですね。
古い方のニッケル水素は4500mAhも有りました。

重量的には手に持った感じでは軽いのは解るのですが
もの凄く軽い訳ではありません。

ニッケル水素 800gに対しリチウムイオン460g
それでも40%も軽量化しています。
リチウムイオンのバッテリーケースが重いのでしょうか😆
ノーブランドiRobot Roomba 500シリーズバッテリー 4500mAh 802gFLOUREON 5300mAh 14.8V irobot roomba 500 600 700 800 980シリーズ対応 リチウムイオンバッテリー 458g
バイクや車で使用している鉛バッテリーが重すぎとも言えますね。

それと今回奮発して購入しておいた
フレキシブルブラシとメインブラシを同時に交換しました。
iRobot Roomba 577 のフレキシブルブラシとメインブラシを交換
電池交換作業で必要工具は#2プラスドライバーのみです。

FLOUREON リチウムイオンバッテリーの中身は
こうなっているようです😁
FLOUREON 5300mAh 14.8V irobot roomba 500 600 700 800 980series lithiumion
コレが凄いのか?凄くないのか?
電池屋さんはすぐに見当付きそうですけどね。

初日の感想:初期充電に3時間程掛かりました。
その後1時間程清掃していただきましたが問題なさそうです。

ニッケル水素とリチウムイオンの
充電器って同じで良いの?※素朴な疑問

0 件のコメント:

コメントを投稿

※メールアドレスが公開されることはありません。
コメントの記入者:「匿名」投稿は承認されませんのでご注意ください。