2017年9月10日日曜日

20年ぶりの?ワコーズ・シリコーンルブリカント

単純にシリコン系の潤滑スプレーであるのだが…

何故にワコーズなんだろう?
流石に今となってはいろいろなメーカーからシリコンスプレーは発売されています。

最も売れていそうなアイテムは 呉工業のE-1046-98A
シリコンスプレーの効果を確かめたいだけならアリ!
長期に渡って、その効果を持続させたいのであれば購入するアイテムは考えるべきであろうと思います。

ケミカルメーカーのAZさんも何種類ものアイテムが売られているんですけど、コレだけ種類が多いと何を買って良いのか悩んじゃいますね😉
エーゼットさんはリーズナブルな価格でケミカル全般に提供しているのですね。

結局は個人が考える費用対効果になっちゃいますかね。ホームセンターに行ってワコーズ製品が置いてあるところは見た事が無いし

wakos シリコーンルブリカント A230普段の生活の中では浸透潤滑剤( ラスペネ や ナスカルブ )を使う事の方が多くシリコンスプレーは登場する機会が少ないのも事実。
ホントに「たまにねっ」って感じで引っ張り出すので使用頻度としては年数回使えばいいところですね。

自分の用途としては潤滑がメインでたまにゴム部品の劣化防止に使用します。
知る人ぞ知るメジャーじゃない優れたアイテムです。

今回購入したものは基本デザインは変わっていませんが、現行品のwako's製品のデザインに変更されています。

ワコーズ A230 シリコーンルブリカント しかも古い方に至ってはスプレー缶の印刷されていない部分は見ての通りのサビ錆状態です😁
時代の流れでしょう。PL法に基づいて説明書きを加えると老眼じいさんには厳しい世界の文字サイズ。
用途を確認しようとしてもマジ目をこらさないと見えなくなって来ました。

表題の20年はオーバーでは無く今でも使えるのですが、流石に中身が無くなって来ましたのでストックの補充です。

今回、家の吊り戸の潤滑に改めて使って「シリコン潤滑ってアリだなぁ~」っと思った次第。

別にワコーズじゃなきゃダメって事はないんでしょうが、十中八九はずれがない事がその理由。(値段高いですけれど…)
この記事書くのにちょっと調べていたらA220 シリコーンガード(SLG)160ml も発売されているようです。(個人で使うにはこちらのサイズの方が良いかも知れませんね。)

※ 以下メーカー商品説明引用
ワコーズ シリコーンルブリカント A230
特徴:樹脂やゴム及び金属部品の保護艶出し・滑走・潤滑・撥水・離型・電気絶縁性に優れた効果を発揮する無色・無臭のシリコーンオイル潤滑スプレーです。無色・無臭でFDA規格にも適合しているので食品工場でも使用できます。(食品に直接触れる部分には使用しないでください。) 

用途 ●縫製(ほうせい)、紙工、木工、印刷機、産業機械等の潤滑、滑走 ●釣具のラインや、自動車のスライド部分の滑走 ●ラジコン等のギヤー部や足回りの潤滑 ●プラスチック、ゴム、陶磁器の離型 ●オートバイ、自転車等の泥付着防止 ●食品を取り扱う機械等の潤滑、滑走 ●その他、離型性が要求される箇所

使用方法:塗布する表面から約20cm離してスプレーし、乾いたきれいな布等で軽く拭き上げてください。

使用上の注意 ●食品が直接接触する箇所には使用しないこと。 ●床やシート等、滑ると危険な部分には使用しないこと。 ●シリコーンゴムには膨潤するおそれがあるので使用しないこと。 ●自動車の内装に使用する場合は、車両付属の取扱説明書に従って作業すること。(素材や劣化状態により脱色や変色などの恐れがある。)

■種類:油性エアゾール ■容量:420ml 

0 件のコメント:

コメントを投稿