2014年3月11日火曜日

SHARP IG-FC15-B 車載用プラズマクラスター+
CEPプラズマクラスタータイマーキット

車載用のプラズマクラスターイオン発生機(IG-FC15-B)を購入し、しばし使用していましたが私の使い方ではプラズマクラスターの効果が発揮出来無いんじゃないかと思ったのが始まり!

使用方法としてはシーガーソケットに電源を差して使うのでエンジンを切ってしまえば基本OFF!になってしまいます。
通勤時間およそ5分の私の場合タバコを吸えば室内は臭いだらけ?
愛煙家の私にとってタバコを吸わない嫁に「車臭い」と言われても…

CEPプラズマクラスタータイマーキット+車載用プラズマクラスターSHARP IG-FC15-Bコレでタバコの悪臭を消せるかなタイマーを使用してエンジン停止後20~30分間、作動したままに出来ないのか?
それを調べたらあっさり1社見つかりました(笑)
CEP (コムエンタープライズ)の
プラズマクラスタータイマーキット です。

配線は12v常時電源、ACC電源、マイナスアースそしてプラズマクラスター用のプラス、マイナスの5本のみ。
他ボリュームコントローラーは専用端子になっている為、間違える事は無いでしょう。

配線はCEP製品の共通ケース?10ピンコネクターは一緒なのでしょう!
10本中必要の無い配線が5本付いていたのでコネクターから抜き去りました(笑)

CEPプラズマクラスタータイマーキットのボリュームコントロールスイッチ取付位置。このタイマーキットで本体のIG-FC15-Bが指示通りに作動し快適なカーライフが送れます様にナビ後ろから12v常時電源、ACC電源を取り出し、コンソール下まで下ろし、タイマーキット本体をセット。
ごちゃごちゃの配線はコンソール裏に上手い事、隠せました。

ボリュームコントローラーは室温センサー横にセットしました。
ボリュームコントローラーの設定時間は
1分/3分/5分/10分/15分/20分/30分/40分/50分/60分が可能です。(ボリュームなのでアナログです。)

ムーヴカスタムの場合スイッチ後ろに間隔が狭く当たったら、がっつり削ってやろうと考えていましたが、そのまま取り付け出来ました。
*ハンドル右側のスイッチが空いている部分までは標準のコードでは長さが足りないと考え、延長するのも手間なので左側です。(ボリュームコントローラー取り付けには穴開け加工が必要です。φ7とφ3の2カ所)

SHARP IG-FC15-Bプラズマクラスターの設置はマジックテープ+タイマーキットでエンジンを止めた後30分後に切れるようにセットプラズマクラスター本体を繋ぐ配線は新たに購入。
規格とかは詳しく解らないのですが、DC-L型プラグ付コード EIAJ規格品(電圧区分:EIAJ #4)を買って取付けしました。

単純に他の車で使う事も考えてぶった切ると後で後悔しそうかなと思ってそうしました。
取り付けにはコンソール奥の目立たない場所へ穴開け加工をして配線を通しました。

プラズマクラスター本体の方ですが、運転切り換えで“ターボ”モード運転は「何かノイズ音がするな~」と言ったところで音が若干気になります。普段は“標準”モードしか使っていません。

この専用タイマー結構個人的にはイケています!おすすめです。
50が近いじじいには必須アイテムなのかも知れませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※メールアドレスが公開されることはありません。
コメントの記入者:「匿名」投稿は承認されませんのでご注意ください。