2018年10月30日火曜日

ルンバ エッジクリーニングブラシ 6アーム 交換の続き

SODIAL Nレベル5.0.0.3/6 iRobot Roomba 500シリーズ、600シリーズ、700シリーズ用の3つのサイドブラシセット1ヶ月程前の記事で
SODIAL Nレベル5.0.0.3/6 iRobot Roomba 500、600、700用の3つのサイドブラシセット
ご案内しました。

文末において絨毯 じゅうたん やラグを巻き上げようとして乗り越えられない現象をお伝えしました。

SODIAL Nレベル5.0.0.3/6 iRobot Roomba 500、600、700用の3つのサイドブラシセットの自慢である6アームをカットして3アームに変更しました。その後、何度やっても → 何度か乗り越えに挑戦させてみたものの結果的にはダメの判断。

ダメだったので 予告通り
6アームを半分の本数、3アームにすべくニッパでカットしました。
普通ならこれで乗り越えられると思うじゃ無いですか?
すっとこどっこいです。

単純に引っかかる回数が減れば良かったと思っていたのですが
SODIAL 6アーム エッジクリーニングブラシ絨毯巻き上げ
3アームにしたところで巻き上げに変化無しです。
単純にアームの本数が原因じゃ無かったのです。

仕方が無いので、それまで使用していた
iRobot純正のエッジクリーニングブラシに戻しました。
iRobot純正のエッジクリーニングブラシに戻す。
触って見るとiRobot純正のブラシはふにゃふにゃで、
しな る方向にゆるやかに曲がっているのが解ります。
このふにゃふにゃに曲がる事で引っかからない仕組み?

因みに
iRobot純正のエッジクリーニングブラシは
何事も無かった様に絨毯を通過していきます。

こんなところに
「物づくりのノウハウが隠されているんですね」と
思った次第でありました。




追記
マーケットプレイス出品者に連絡すると返金対応をして頂けました。
次のエッジクリーニングブラシは大人しく純正品を選択しようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※メールアドレスが公開されることはありません。
コメントの記入者:「匿名」投稿は承認されませんのでご注意ください。