2017年12月27日水曜日

Windows10のクリーンインストール

Sandisk ウルトラ 3D SSD SDSSDH3-250G-J25
Sandisk ウルトラ 3D SSD SDSSDH3-250G-J25
SSDやって来ましたので
Windows10のクリーンインストール作業実施です。

SSDにはOSやソフトのみをインストールし
HDDにはデータ関連を保存する予定で作業を進めました。


1. まず、バックアップ作業から
ポイントのみ自分の覚書き程度に書いておきます。
  • メールデータ(outlook)
    メールデータをバックアップする前に不要なメールは消す!(これで作業が幾らか軽くなります)
    ※メールアカウントはバックアップ出来ない。
    現在の設定をプリントスクリーンでコピー、パスワードが合っているか今一度確認しておく。

  • Internet Explorer(ウェブブラウザ)のブックマーク
    お気に入りにをエクスポート
  • ユーザーフォルダ
    ダウンロード、デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージック、AppData(隠しファイル)等、不安な場合は丸ごとバックアップ

  • 自分で保存したデータ
    Cドライブ、Dドライブに置いた必要なデータをバックアップ
バックアップアップはこれ以外に有るかも知れませんね。(必要に応じてバックアップしましょう)

2. インストールメディアの作成
 何時までWindows10のインストールメディアが無料でダウンロード出来るか解りませんが、こちらからダウンロード。
※ メディアの作成にはソフトをDVDに焼く必要があります。USBメモリ(8GB以上)にコピーも出来る様ですが追加で買うのは手間でした

3. SSDの交換
 SSD本体をインテルからサンディスクに差替えます。

4. クリーンインストールの開始
 SSDにWindows10をインストール

windows10-logo
インストールが完了すればソフトのインストールと
バックアップをしておいたものを元に戻していきます。

5. ソフトのインストール
 今まで使っていたソフト のインストール
 例.ノートンセキュリティー、Microsoft Office、ATOK、プリンター等インストール
 ※マザーボードはwindowsの自動アップデートで出来ました。

6. ユーザーフォルダ内の保存先変更
 SSDにデータが溜まらない様に各フォルダの保存先をDドライブに変更

7. バックアップデータを戻す
 予めバックアップをとっておいたものを元に戻します。
Sandisk ウルトラ 3D SSD SDSSDH3-250G-J25 装着状況


SSDの交換をして
起動時間は今までの3分弱から40秒弱に大幅改善されました。
 
作業をして気づいたこと
今までOSはHDDに入っていて起動に時間がかかっていた事が判明!(SSDを抜いてPCの電源入れたら普通にWindowsが立ち上がった😅マウスコンピューター何て設定しているのでしょう!)

0 件のコメント:

コメントを投稿

【ご注意!】コメントの「匿名」投稿は自動削除されます。