2017年8月29日火曜日

2個目のブロワーは
Kenko シリコンブロワー ショートノズル KSBS-R

そろそろ外出先で使うブロワーって事で
ショートノズルタイプを最終決定させようと思っていました。
HAKUBA シリコンブロアーポータブル オレンジ KMC-59OR
最初はHAKUBAの
シリコンブロアーポータブル オレンジ KMC-59OR
で値段も安いしコンパクトだし決定していたのです。

が、しかし 最後の最後で決断は変わりました(いつもの事です)

Kenko クリーニング用品 シリコンブロワー
ショートノズル
レッド KSBS-R

コレがまたHAKUBAのKMC-59ORブロワーの約4倍の価格
Kenkoシリコンブロワー ショートノズル KSBS-R
この手のアイテムはハンドツールに共通するところが
あると思います。直径45mm~65mmのポンプを
潰して放して潰して放しての繰り返し

手の大きさも人それぞれだし
その感覚は各ブロワーごとに違うんだろうけど
いっぺんに10アイテムくらいお試しサンプル置いてある店舗あるのかなぁ~

さてパッケージを開けて一番驚いたのがノズルで
Kenko シリコンブロワー ショートノズル KSBS-RKenko シリコンブロワー ショートノズル KSBS-R
プラスチックの樹脂で出来ていると思いきや

ノズルもシリコン(正確にはニトリルゴム)で出来ています。
なのでフィルターやレンズにダメージを与える
可能性がぐっと減りますね。コレは良いです。
Kenko シリコンブロワー ショートノズル KSBS-R
サイズ 全長136mm × 直径59mm 重量 57g
材質 シリコン、NBR(ノズル)

1番目に購入したAmazon  ベストセラー  の
HAKUBA ハイパワーブロアープロ  Lブラック KMC-61LBK
Kenko シリコンブロワー ショートノズル KSBS-R 比較
因みにサイズは 全長190 × 直径65mm
重量 約80g 材質 シリコンゴム

ノズル部先端部比較
ノズルはニトリルゴムの方が気を使わず使えるので良い

ポンプ容量の多いHAKUBAの方がノズル穴径は大きい。

単純な作りの為、構造自体シンプルだが
ノウハウとしてはシリコンの原料のレシピ、
本体の厚み、バルブの構造くらいでしょうか?
今回買ってみないとビミョーに解らない事だったので😊

この2つのモデルだとポンプさせている時の音は明らかに
HAKUBAのブロワーの方が静かです。

Canonのメーカーカラーってやっぱり赤(レッド)なんですかね。
赤と黄色のラインナップだったので黄色を
買おうと考えていましたが Nikon企業カラー黄色 と知って
あわてて赤に変更した訳です。

因みに ブロアー ブロワー の呼名どっちが正解?
どっちが一般的な呼名なんだろう?と思って確認すると
一般的にはブロワーらしいですが、英語を日本語に訳した時の
発音って話しになるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿