2015年1月30日金曜日

コーケン 4711X フリーターンクロスレンチを購入!
十字レンチはきっと使いよい♪

タイヤ&ホイールを交換した際にホイールナットの対辺を21㎜のものから19㎜へ変更したのと毎回ブレーカーバーを工具箱から用意するのも面倒だと思い十字レンチ(クロスレンチ)を用意しました。
いざと言う時に工具が無いと不便な時もきっと有りそうですからね。

stahlwille43030006十字レンチクロスレンチ
十字レンチの最終決定は こちらの記事 から見てくださいね。
Stahlwille(スタビレー) のクロスレンチも良かったのですけど
それよりko-ken(コーケン)って“山下工研”って会社名だと思っていましたが正確には“山下工業研究所”だったんですね。←どうでもいい話ですけど(笑)

ko-ken(コーケン)4711X フリーターンクロスレンチ。ハンドル部分はクルクル回る構造になってます。メーカー:ko-ken
品番:4711X
品名:フリーターンクロスレンチ
ソケット差込角:1/2インチ
重量:945g
ハンドル長さ:280㎜(ソケット差込側)、350㎜(スライドハンドル側)
購入価格¥4,200

特徴的な所はグリップ部(コーケンらしいローレット加工)がクルクル回る構造。
差込ハンドルが楕円形に出来ていてクルクル回らない構造。
差込ハンドルがスライド出来るので差込比率を変えれば高トルクが掛けられる構造。(緩める時も閉める時も)

ko-ken(コーケン)4711X フリーターンクロスレンチ。差込棒の形状が真円では無く楕円。楕円である事によりクルクル回る事を防ぎ作業効率も上がる。 ko-ken 4711X フリーターンクロスレンチ。収納時は棒が2本になるコンパクトさが良いですね。

実は、この十字レンチに組み合わすソケットで少し悩みました。(ソケットサイズは19㎜)

ko-ken(コーケン)4300M-19(L60) 1/2"sq. ホイールナット用薄肉ソケット
ホイールナット用のソケットというアイテムが存在するのであるが、主にはアルミホイール用に作られたものでソケットの外径が小さく出来ているらしいのです。
(そのまま薄口ソケット、薄肉ソケットの名称)

同じコーケンの
4300M-19(L60)全長60㎜のソケットで外径は25.1
4300M-19(L110)ロングの全長110㎜は外径25.8
日本一の工具メーカーKTCのソケットは全長60㎜で26.0㎜(化粧ナットの損傷を抑えるゴム付き)

nepros NB4-19 ミラーネプロスソケット
ぶっちゃけホイール専用のソケットは60㎜以上あるソケットの長さが気に入らない。

ちょっと気になって見てみたネプロスの普通のソケットNB4-19は全長34.5㎜、外径は25.6
意外にいい線行ってるじゃん。コレでイイじゃん!

そんな事で今回はあえてホイールナット用のソケットを買わなかったのです。

これで少しでもタイヤ交換(ホイールの入替)が楽出来れば良いのですけど…

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認制です。
記入者が「匿名」投稿の場合承認されませんのでご注意ください。
※メールアドレスが公開されることはありません。