2014年11月23日日曜日

CTEK(シーテック)MUS4.3
バッテリー充電器にて補充電の実施。

会社から拝借してきたバッテリー充電器でムーヴカスタム(LA100S後期)を充電してみましたが、所詮バイク用の充電器。上がり気味になった車用のバッテリーには電流量が対応していなかった為、20時間かけても満充電は出来なかった。
ムーヴのエコアイドル搭載車のM-42バッテリーは(新神戸電機製)の30Ah仕様
充電器が16Ah迄のタイプだった為、満充電できなかったのは当たり前ですね。

CTEK MUS4.3 バッテリー充電器。サルフェーション除去=デサルフェーションも出来る高性能タイプ今回、新たに充電器を購入するにあたり、ポイントはバイク&カー(車)バッテリーのどちらも使用出来るタイプをピックアップし
CTEKの平行輸入品 MUS4.3 に決定!

このCTEK(バッテリーチャージャー・メンテナー)の中でも充電方法が2種類あり自宅に置いてあるのはJS3300の4ステップ充電、
MUS4.3は8ステップ充電でほぼ同じ本体サイズで機能が優秀になったアイテムです。
ただ単に今回調べた中では費用対効果が一番安いであろうモデルだったとも言います(・∀・)

注文後、翌日には商品は届きました。
そして早速充電開始です。

購入後、充電する前にコンセントの加工が必要となります。
日本のコンセントと多少違うのでベルトサンダーにて加工しました。
アダプタを噛ます方法もあるみたいですが、コンセント部分が大きくなってしまうのが許せない私は何も迷う事は無く削りました。(ベルトサンダーで1分程の加工です。)

CTEK MUS4.3 バッテリー充電器のコンセントはアメリカン!アダプターを使わなくても充電出来るようにコンセント先端を加工また、充電器のセット内容と使い方の充電モードはJS3300と一緒なので何も迷いませんでした。
カー(車)モードにすれば、あとは待つだけ充電器が全てやってくれます。

それよりもこのMUS4.3の日本語でのマニュアル(取扱説明書)が入っていない為、8ステップの内容がさっぱり解りませんでした。(解らなくても充電は終わるのです)

このCTEK MUS4.3は、おそらく日本仕様のMXS5.0JPだと思われます。
その 8Step の充電内容



CTEK 充電器 8ステップの充電方法は下記の通り

Step1 脱硫酸化(Desulphation)ディサルフェーション
 激しく放電して電圧が極端に下がったバッテリーでも、パルス電流によるデサルフェーションを行い充電を始めます。
※極板の損傷など物理的に劣化したものには充電できません。

Step2 ソフトスタート 
 バッテリーが十分に充電を受ける状態になるまで徐々に優しく充電をスタートし ます。

Step3 バルクチャージ 
 バッテリーに負担をかけることなく、最大電流で一気に80%程度まで急速に充電します。

Step4 吸収・浸透充電 
 最適な定電圧で電流を制御しながらゆっくり95~99%まで丁寧に充電します。バッテリー液の損失を最小限に抑えます。

Step5 分析
 バッテリーが電力を保持できているかどうか、分析し良否判定します。

Step6 リコンディション
 必要に応じて使用することにより、高い電圧で電解質を均一にし、弱ったバッテリーのコンディションを整えます。
※極板の損傷など物理的に劣化したものは回復できません。回復度合いは個々のバッテリー状況により異なります。

Step7 充電完了・フロートメンテナンス(維持充電)
 100%までしっかり充電し、さらに満充電を維持します。この状態は最大で10日間以内に制御されてます。
多くの他社充電器は、この状態を続けるため、過充電とバッテリー液の損失の危険性があります。

Step8 パルスメンテナンス(監視充電)
 バッテリー電圧を常時監視し、電圧が落ちた場合のみ、補充電を行います。これはもっともバッテリーに負担をかけずに、満充電を維持する安全な方法です。監視期間が数ヶ月間に及んでも、バッテリーに一切負担をかけません。

■参考充電時間(完全放電から80%程度までの充電時間目安)
 2Ah-2時間、8Ah-8時間、20Ah-5時間、60Ah-15時間、110Ah-28時間


※いくら高性能なCTEKでもバッテリーが壊れていて充電出来ない場合はエラーランプが点灯します。その場合は即新品交換するしかありません。

でっ話は充電に戻ります。
CTEKMUS4.3充電器。バッテリーのサルフェーション除去も出来るエコピュア12も元気よく作動中です。
何回もチェックしに行くのが手間でしたが、充電開始から約11時間後やっと充電が終わりました。
(Step7のランプで充電終了です。)

充電が終わって何だか一安心です。

でも疑問が?
パルス充電モードっていつ入るのだろうか?

アイドリングストップが途中でキャンセルされるって、バッテリーが原因だったのね(笑)
今回の件で充電器も買ったし、これから数ヶ月ごととに充電は欠かせなくなりますかね?

0 件のコメント:

コメントを投稿

※メールアドレスが公開されることはありません。
コメントの記入者:「匿名」投稿は承認されませんのでご注意ください。