2014年2月27日木曜日

レザーステアリングの取付けとダイノックカーボンシート
の貼付けムーヴカスタム(LA100S後期)

結果的にムーヴカスタム後期モデルのステアリングは販売されていなく、
いろいろ調べているとL175S・L185Sが何となく加工をすれば使えそうなのが解り、
シルクブレイズにしようかフレーダーマウスにしようかLUNAに
しようか迷いましたが、結局値段がモノをいいました(笑)

本革巻のステアリングが欲しかったし…
純正エアバッグに対応していないと手間だし…

エスクリエイト のレザーステアリングにしました。
この手の商品どっちみち中国製でしょうから
「どこのメーカーの商品でもあまりクオリティーは変わらないんじゃない」
と思えたのも事実です。

で、実際の加工は何が必要なのか?
LA100S後期モデルに使えるレザーステアリングは年式の古いムーヴ用L175S,L185S用。加工もいたって簡単M5のネジ山を立てればそれだけで取付け出来ます。
黄色い○印の所、2カ所に穴開け&タップを立てる(M5xP0.8)です。
下穴は4.2~4.3㎜が理想ですが手持ちが無かったので4㎜で空けました。
とりあえずこれだけの加工で装着は可能です。

あとはエアバッグ付きのホーンステーの微調整が多少必要でした。

そして意外に苦労したのが 3M ダイノックカーボンフィルム(CA-421) を貼る事です。
LA100Sムーヴカスタム後期レザーステアリングの取付け。ホーンボタン部にダイノックカーボンシートを貼り付けしました。
ぱっと見、綺麗に見えますがホーンパッド中心部は2㎜程の凹みがあって…

そこの溝に上手くダイノックカーボンシートがはまり込まないし
LA100Sムーヴカスタム後期ステアリングのホーンボタン部にダイノックカーボンシート貼付け。細部の部分はかなり難しく剝がれてきそうな気がします。
カッターで綺麗に切れないのです(T-T)

ダッシュボード内のシルバー色の部分は全てカーボンシート貼りました。
la100sムーヴカスタム後期に3M ダイノックカーボンフィルム CA-421 貼付ダッシュボード部、エアコンスイッチ、シフトゲート、ステアリング部
ノーマル比、だいぶ落ち着いた雰囲気になり満足です。

それでも艶の無い方のダイノックカーボンシート(CA-421)を選択したのですが、
結構テカるものですね。
ヒートガンで炙るとかなりびよ~んっと伸びて貼りやすい方だと思います

唯一目立つ所で失敗したのがシフトゲート部分です。
la100sムーヴカスタム後期 3M ダイノックカーボンフィルム CA-421 貼付 シフトゲート部の張り残しがありましたが見ないふり
ここは気合いを入れて引っ張らないと貼りきれませんね(笑)

専用の ダイノックプライマー(DP-900N2) を塗りつつ作業は
進めましたが、剥がれてきたら貼り直ししたくないな…

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認制です。
記入者が「匿名」投稿の場合承認されませんのでご注意ください。
※メールアドレスが公開されることはありません。