2013年1月20日日曜日

左上の親知らず

覚え書きのようなものです。

昨日、歯医者に行ってきたのですが前週被せものをした所の噛み合わせ確認を済ませ他に悪いところは無いかのチェックで左上の親知らずに虫歯があると…

治療するより抜いた方が良いと言われ…
過去の経験で親知らずはバッチリ腫れ、食事もままならない程の経験があり躊躇したが、この先の事も考え抜く事を承諾した。

大工仕事だと思っていたのですが麻酔が済むとペンチらしきものでグリグリっとやったらあっさり抜けました。(目にはタオルを掛けられているので治療風景は見られません。)
あまりにもあっさり抜けたのでちょっと拍子抜け。(人の歯って簡単に抜けるんですね)
先生も“すぽっと抜けますから”と言っていたのがうなずける。

抜いた歯の大きさは想像を絶する程大きく、親知らずってこんなに大きいんだと思った程。(何でこんな無駄の歯が生えてくるのと思いませんか?)
また、その大きさと抜いた親知らずの表面は2/3以上が虫歯になっていて治療より抜歯を進められたのもうなずけました。

抜いた後なのですが、痛み止めを処方され帰ったらすぐに飲む様に言われその指示に従いましたが、深夜になって痛みが気になり25時半頃、再度痛み止めを一錠服用し今日に至っています。
違和感ありありですがこんなものでしょう。
今のところ入れ歯は無いですが、神経を抜いた歯は5本くらいあります。何時まで自分の歯が使えますかね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認制です。
記入者が「匿名」投稿の場合承認されませんのでご注意ください。
※メールアドレスが公開されることはありません。