2017年8月20日日曜日

レンズフードの合わせ位置をひと工夫

特に気にも止めていなかった事ですが…

今日、近辺で開催されている
清瀬ひまわりフェスティバルに行ってきました。

初、一眼レフで撮ろうと意気込んで
レンズは Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM の
広角レンズ をメインに使用。
一応予備にEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMも
持って行きましたが出番無し😉

清瀬ひまわりフェスティバルの様子は猫ブログをご覧ください。

そこで気になったのがレンズフードの取付
キヤノン レンズフード EW-83E 互換品を
いざ現地でレンズに填めようとしてもなかなか填まらない

そう言われると純正のフードには合わせマークが打ってあったと…
そんな単純ないい事は即真似をしないといけませんね。

早速ダイソーで油性ペイントマーカー買って来ました。
ダイソーの油性ペイントマーカー
今の100鈞 偉大ですね👍

単純に填め合わせの位置に赤を書くだけ
キヤノン レンズフード EW-83E 互換品
コレが簡単に消えてしまう様であれば次回は削って塗ります。

ついでなので
TARION キヤノン EW-73B 互換品レンズフード
(Canon EF-S 17-85mm f/4.5-5.6 IS USM 専用)にも
TARION キヤノン EW-73B 互換品レンズフード にマーキング
ポチッとマーキング

次からの装着時は「イラッ」とする事は激減するでしょう。
よくよく考えてペイントマーカーの、使い道無かったっす😅

それと持参しておいて良かったのが HAKUBAレンズペン
途中レンズフード無しで撮影していたのですが
移動の際ひまわりの葉っぱの汁がレンズに付着した様で
マイクロファイバークロスで拭いても汚れが伸びるだけで落ちず
拭く度に伸びるのでレンズにキズが入ったと思いました。

レンズペンでクリーニングすると あら不思議❕綺麗になりました😊

0 件のコメント:

コメントを投稿

【ご注意!】コメントの「匿名」投稿は承認されません。