2007年8月28日火曜日

ハスコー CBT-207 キャリパーツールは超便利 ♪
※ブレーキ キャリパーピストン脱着ツール

ハスコーのヒット作でありながら、速攻その素晴らしいアイディアも”さくっと”パクられたキャリパーピストンツールです。

ブレーキパッドの交換時の強い味方です!
通常パッド交換時はピストン部をきれいに清掃し、ピストンがスムーズに動くかの確認をして組み付け作業をおこないますが、ピストン清掃時に直接ピストン内部をつかんでウリウリ回し、素早い作業をこなすのがこのキャリパーピストンツールの役目です。
実際このキャリパーピストンツールを使ってピストンが動かせないキャリパーは要オーバーホールと考えるべきであろう。

Hasco CBT-207 キャリパーツールハスコー 品番CBT-207 キャリパーツール 価格 オープン (購入価格は¥8,000くらいと記憶しています。)
全長 180㎜ 実測重量 191グラム 
適合ピストン内径:φ17.5~φ40
先端アタッチメント部厚み:約13.5mm

この商品どちらかといえばアイディア品なので本家の商品でも強度が素晴らしいとか、握りが絶妙とかはありません。
パテント(商標登録)を取得していないのであればむしろコピー品の方が価格と効果を考えれば優秀です。
ちなみにハスコーの商品には補修品もきちんと用意されています。ポイントとなる先端部分のローレット加工された パーツの価格は なんと¥2,600 あと数百円出せば台湾ツールが買えてしまうのである。(恐るべし台湾ツール)

このタイプの台湾ツールは¥3,000前後で入手可能(ちなみに適合ピストン内径はφ16.5~φ40)となっていました。デイトナ(deytona)でも全く同じでは無いが台湾輸入らしき商品を扱っている。品番61159で価格は¥3,150 (適合ピストン内径φ16.5~φ37)とやっぱり安い。
ストレートで販売されているブレーキピストン・プライヤーは¥2,200と安い!
アストロで販売されているキャリパーピストンツールはもっと安い!¥1,980
ハスコーの商品から見れば若干ランク(クオリティー)は落ちるかもしれないが基本的には問題の無いレベルではないかと思います。(むしろ最近の台湾ツールはバカに出来ない程良い物が沢山あるのが事実ですね。)

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認制です。
記入者が「匿名」投稿の場合承認されませんのでご注意ください。
※メールアドレスが公開されることはありません。